1. >>
  2. >>
  3. 【ライターの仕事で差をつけろ!】Webライターに必要とされる能力や要素とは
web ライティング

【ライターの仕事で差をつけろ!】Webライターに必要とされる能力や要素とは

【スポンサードサーチ】

Webライターに必要とされる能力とは

  • 企画力
    自分の担当するテーマをいろいろな切り口で魅せることで、面白いコンテンツや企画を立てることができる能力
  • 情報収集能力
    企画やテーマにあわせて密な情報収集ができ、その情報を素早く的確に処理できる能力
  • 構成力
    収集した情報を適切に整理して、テーマや企画を上手に表現し組み立てる能力
  • ライティング力
    ワードなどのテキストを使って、テーマや企画を効果的に閲覧者へ伝えることができる能力
  • 編集力
    ライティングされた原稿をユーザー視点で、より魅力的なコンテンツとして編集できる能力
  • 校正・校閲力
    誤字脱字などはもちろんなこと、不適切な表現や説明がされてないか、ていねいに内容をチェックする能力

Webライターに問われる要素とは

Webサイトの制作現場では、企画、情報収集、校正、ライティング、編集、校正・校閲などの全工程を少人数で担当するケースが多いです。
このような環境下で注意すべき点は、ついつい編集や校正が甘くなってしまうことです。最悪の場合、ライティングが完成するやいなや、則公開してしまう業者も多々あります。

Webサイトが情報源として重宝されている現代。このようなことは最大のリスクとなるでしょう。

ダレにでも伝わるWebページ・Webサイトを作成するためには、結局のところ、紙メディアと同等な専門的工程を経て公開することが必要となります。

たとえば、ライティングの能力にプラスして、Webサイトをもっと分かり約す表現できる編集者の感覚や、できあがった文章を厳しくチェックする校正・校閲の感覚、最終的にはユーザーの閲覧しやすい環境を作るデザイナーの感覚など、さまざまな要素の能力が必要になります。

【スポンサードサーチ】

Webライターに問われる表現力とは

Webの場合、基本的には言葉だけで意図することを相手に伝えることになります。したがって説明を後になって変えてみたり、説明しなおすこともできません。

そこが直接あって話している点と大きく違う部分で、説明の持って行き方次第では、伝わり方が大きく変わってしまうほどシビアな世界です。

とはいっても、相手の気持ちになって、考えて話す。という会話の基本は変わりません。それだけに言葉(語彙力)や表現を工夫することがとても重要となります。

書かれている言葉が相手に理解できていなければ、どれだけ深く説明しても無意味です。
Webを閲覧している人の気持ちになると分かるのですが、あなたがもし何かを検索して、何となくコレかな?と思ってたどりついたページの言葉が、専門用語ばっかりだったり、日常会話で使わないような難しい文字ばかりで書かれていたらどうでしょう。

辞書を引いてまで調べるなんてことはしませんよね。ということは、間違いないく別のページを閲覧しに行くでしょう。

したがって、Webに書く文字や表現は、読んでいる人のにできるだけ易しい言葉で書くことが原則となります。
専門的な説明でやむを得ない場合であっても、読み手が意味不明な言葉は使用しないよう心がけましょう。

特に、PCで入力する文章は、難しい感じであっても変換でサッと出てくるため注意が必要です。
Webの場合、難しい漢字に読み仮名をつけるのは難しいので、固有名称などのやを得ない状況を除き、できるだけやさしい漢字やカナで書くようにしましょう。

易しい漢字や文章で一番参考になるのは、文部科学省の(常用漢字)た新聞に書かれている用語用字集などを参考にするといいでしょう。

もっと簡単にいうと、義務教育レベルの小学生や中学生が簡単に読める程度を目安にするといいです。


仕事が捗る ←仕事がはかどると書いた方が分かりやすい

※構成については、このサイトで以前に備忘録として記載している記事がありますので、よかったらご覧ください。

【関連記事】

ライターの仕事で差をつけろ!Webライティングの構成:文書構造とストーリーの考え方・まとめ方