1. >>
  2. >>
  3. 【ライターの仕事で差をつけろ!】最も伝えたい情報はファーストビューに表示しよう!
web ライティング

【ライターの仕事で差をつけろ!】最も伝えたい情報はファーストビューに表示しよう!

【スポンサードサーチ】

閲覧者がサイトを審査する時間

ご自身の経験でもあると思いますが、パソコンの前に長時間座って何かを検索するのはひじょうに疲れます。

ディスプレーの文字を読み続けている動作は、テレビを近くで見ているのと同じ動作なので、目が疲れてしまうのは当然でしょう。

こういったこともあって、インターネットで何かを検索するユーザーは、必要な情報だけを見つけ、早めにディスプレイから目をそむけたいと考えています。

Web際と制作において、ユーザーが自分にとって有意義なページであると判断するまでの時間は、わずか3秒といわれています。
まるでバスケットの3秒ルールのようなニュアンスなので、業界では「3秒ルール」と呼ばれており、そのことを踏まえたページ作り・サイト作りが要求されます。

ライターは、ページ全体の内容を短時間で理解してもらえるような、効率のいい見出しや強調文字などを用いて、メッセージ訴求を意識するようにしましょう。

ファーストビューにメッセージを集約しよう!

ここでいうFirst View(ファーストビュー)とは、インターネットで検索するユーザーの画面に最初に表示される領域のことを指しています。

3秒という一瞬でページを理解してしまうと考えた場合、効率よくWebサイトの情報を伝えるにはどうすればいいでしょうか。

まず、伝えたい情報をしっかり整理する。

それができたら、次はページ内のどこに表示するかを決める。
そこで注意してほしい点は、伝えたい情報をページ内にバランスよく配置することです。

ユーザーがスクロールしなくても、このサイトは何が書かれているサイトなのかを理解してもらうための工夫が重要となります。

【スポンサードサーチ】

ファーストビューで伝えられること

ファーストビューで伝えられるものとしては、ビジュアル的なイメージであったり、キャッチコピーや大見出し、概要文、各種バナーなどとなります。

メッセージを一瞬で伝えるポイントは、伝えたいイメージが、分かりやすく想像しやすいことがポイント。
また、競合優位性であったり、ユーザーに対するメリットなどもファーストビューで発進できることも大切です。

ライティング担当者は、ユーザーの興味が喚起するようなキャッチコピーや見出しをバランスよく配置し、フックとなる情報の集約に努めましょう。