1. >>
  2. >>
  3. >>
  4. 神に導かれた者だけが見ることのできる沖縄の絶景「備瀬 ワルミ」の情報 ※現在立ち入り禁止
沖縄の秘境 ワルミ

神に導かれた者だけが見ることのできる沖縄の絶景「備瀬 ワルミ」の情報 ※現在立ち入り禁止

※この画像は2017年7月以前に撮影されたものです。

【スポンサードサーチ】

ワルミ立ち入り禁止の理由

2017年7月27日の沖縄タイムスの資料によると、以下の理由でワルミは立ち入りが禁止されたようです。

そり立つ岸壁とその割れ目の美しさからパワースポットとして人気を集めていた沖縄県本部町備瀬の「ワルミ」が、観光客らのごみ投棄や私有地への無断侵入などマナーの悪さなどを理由に立ち入り禁止となっています。

ワルミの場所

立ち入り禁止の看板と金網も設置されているようです。

ワルミ立ち入り禁止

7月14日に金網や有刺鉄線を張った地元住民は「最低限のマナーが守られ、一定のルールがつくられない限り解除はできない」と訴える

観光客からの問い合わせが相次いでいる町や備瀬区は対応に頭を悩ませている。

記事・画像引用元:沖縄タイムス 2017年7月27日の記事より

首里金城町の神木のお話で、私も触れましたが、しつけができてない子供やルールの分からない大人は、来ても罰当たりなことになり兼ねないので、そこは自分の心に問いかけてから行くか行かないか判断してください。

「備瀬のワルミ」は神が降り立った聖域と言われています

「備瀬のワルミ」は茂みの中を進み、切り立った岸壁の間から青い海(沖縄の人でも驚くほど綺麗な海)が広がる風光明媚な場所で、「神が降り立った聖地」と言われるのも納得の場所です。

数年前までは知る人ぞ知る神秘的な場所だったこともあり、私も去年尋ねたときは、まったく場所が探せなくて、2回も通り過ぎては戻ってを繰り返した記憶があります。

これまた不思議なことにワルミの近くの住所に併せてGPSで探していたのですが、それでも近くに来るとGPSの矢印が一回転したり、矢印が急にジャンプしたりして、正直GPSでは探せませんでした。

そこで、ワルミの近辺で行き止まりになった農道に車を停車させ、私は降りてワルミを探すことに。

すると海の気配は無いのですが、何となくこの方角だな!と予感がしたので、舗装されてもいない道に車を進めることに。
運転しながら、いつ行き止まりになるのか心配でしたが、何となくここかなって場所の空き地を発見。

それでも、海の気配も無く、ただの茂みに道がポツンとある場所。
でも、私はここだと確信していたので、思い切って降りてみることに。

茂み

茂みの中を歩きながら、少し不安になっていましたが、その不安はすぐに吹き飛びました。

ワルミへ到着

この不思議な光景を見てしまうと、さっきまでの不安はどこかに消え去り、現在なのか昔なのか分からないような不思議な時間と空間の中に立っていました。

ここまで別世界だと、ここが聖地だと霊感の全くない人でも感じると思います。

真ん中にポツンとある岩が何なのか私にはわかりませんでしたが、この不思議な空間にいると、私たちは自然の中に生かさせていただいている小さな存在だなと感じることができます。
ワルミの絶景

ポツンとある岩を超え、波の音が聞こえる場所に吸い込まれるように進むと・・・。

ワルミの岩

まるで楽園のような光景が。

ワルミ絶景
ワルミ絶景2
ワルミ絶景3

【スポンサードサーチ】

さいごに

タイトルに「神に導かれた者だけが見ることのできる沖縄の秘境」なんてちょっと言いすぎかなと思ったのですが、GPSもちゃんと作動せず、だいたいこの辺りかな?しか分からない状況になったこと。

また、たまたま徒歩で探索していたら、不思議な気配を感じ、道なき道を進んでやっとこの場所までたどり着いたことを考えると、なかなか辿り着けない人も多いのかも知れません。なので導きがないと行けないというのは、あながち間違いではないのでは?と思います。

※今回の場所は立ち入り禁止なので、地図情報は載せません。。

 

観光 と同一カテゴリの記事

楽しむ と同一カテゴリの記事

本部町 と同一カテゴリの記事