1. >>
  2. >>
  3. >>
  4. 親子で楽しめる!!わくわくリサイクル祭り(場所:浦添市リサイクルプラザ)
わくわくリサイクル祭り

親子で楽しめる!!わくわくリサイクル祭り(場所:浦添市リサイクルプラザ)

【スポンサードサーチ】

わくわくリサイクル祭りの概要

毎年、11月の第二日曜あたりに行われる、わくわくリサイクル祭り
開催場所は浦添市リサイクルプラザです。

浦添市リサイクルプラザについては、以前このサイト(Tama Navi)でも紹介していますので、詳しく知りたい方は↓こちらの記事もあわせてご覧ください。

浦添市リサイクルプラザをうまく活用しよう!

わくわくリサイクル祭りでは、フリーマーケット、参加企業・団体による展示販売、おいしい食事・飲み物。エコな体験コーナーなどさまざまなものを楽しめます。

わくわくリサイクル祭り フリーマーケット会場

わくわくリサイクル祭りを親子で楽しむために

わくわくリサイクル祭りを親子で存分に楽しむには、参加企業・団体による体験型イベントや、毎月、浦添市リサイクルプラザ内で行われている講座による体験イベントに参加することです。

最近の学術論文では、座学だけの学習よりも体験型にしたほうが学びの定着率が高いということが示されていました。

昔の子供たち(親の世代の私たち)は、まだ回りに自然が残っており、自然のものを使って遊ぶ体験をたくさんしてきました。しかし、今の子供たちは「危ない」「汚い」などと自然のものに触れる機械が少ない子が増えている気がします。

なので、より自然に触れて育った子の方が知能指数が高いという「ほんまでっか情報」もうなずける気がします。

そういったことから、無料でエコに触れる体験は子供の未知数の可能性を引き出す一つになりそうです。

たとえば、わくわくリサイクル祭りの以下の体験イベント。

小型家電の分解・分別体験

機械から資源を取り出す

子供も大人も夢中になってばらしている姿が印象的でした。

夢中になって機械をバラス参加者たち

このように、自分で体験してゴミと思われていた不要になった家電から、資源を取り出せることを子供のうちから肌で学ぶことで、よりリサイクルに対する意識や、取り出しやすくする方法を子供たちが発見するかもしれません。

資源の取り出し方

できれば、今現在の分別処理によって資源を取り出す方法などを簡単に説明するといいですね。

取り出した資源

その取り出した金・銀・銅でオリンピックのメダルを作ろうとしているんですね。

オリンピックとエコ。世界に向けて、とても夢のある取り組みだなと感じました。

手作りおもちゃ体験コーナー

体験コーナーでは、竹を使って竹とんぼや風車作りを体験できるコーナーがありました。

機械でできたものが飛ぶこと。虫が飛べることは、子供でも見たことはあると思うのですが、自分が作ったものが飛ぶという体験はないはずですので、おもちゃ作りで体験して興味を持ってもらえたらいいですね。

「自分で作ったものが飛ぶ」という体験はとても貴重だと思います。

子供のおもちゃ作り 体験コーナー

体験コーナーで作っていた風車は結構大きめなものでした。

これなら大人でも楽しめそうですね。

手作り竹とんぼ

参加した子供たちは、熱心な指導を受けながら、竹とんぼ作りを楽しんでいました。

竹とんぼ作り

【スポンサードサーチ】

企業・団体による寄付金バザー

わくわくリサイクル祭りのテーマはとても奥深いものがあります。

ゴミから資源を取り出すであったり、まだ使えるものをリサイクルするであったり。

リサイクルだけなら古物商や古着屋さんでもやっているのですが、そのリサイクル品の売上金を寄付するというところまで循環型なものは難しいです。

わくわくリサイクル祭りでは以下のような寄付も行っていたので、とても理にかなっているなと思いました。

寄付金バザー

わくわくリサイクル祭りのバザーの売上金は、以下の福祉団体へ寄付されます。
「環境にも人にもやさしく」とはこのことですね。

寄付先

浦添市リサイクルプラザの建物内でのイベント

浦添市リサイクルプラザの建物の中でも、面白いイベントがありました。

浦添市リサイクルプラザの建物内のイベント

その一つがリサイクル品の抽選販売です。

入札されていたものは、以下のように新品のようなキレイな自転車や家具・小物。

自転車

ペットいれ

ちょっと珍しいものでは、雛人形などもありました。

雛人形

雛人形

とてもキレイな状態の物ですので、さすがに数はありませんでしたが、新品で買うと結構な値段しそうなので、中古でも構わない方は抽選に参加してみるのも手です。

※抽選から抽選発表まで時間があるので、その間は体験型イベントを楽しむようなスケジュールをたてることをお勧めします。

【スポンサードサーチ】

浦添市リサイクルプラザの建物内 2F

浦添市リサイクルプラザの建物内のイベントは2階もあるのでお忘れなく。

浦添市リサイクルプラザ 2階のほうでは、体験型のイベントが用意されていました。

もともと2階は、いろいろなもの作りなどの講座が開かれている場所で、今回も体験型のイベントを行っていました。

※浦添市リサイクルプラザの毎月行われる各種講座は以下の公式ページで確認できます。
浦添市リサイクルプラザ 公式ページ

https://risaikuru.ti-da.net/

箸作り教室

この講座は日本人だけでなく、外国人の方にも参加してほしい講座でした。

箸作り教室

作れる箸の見本。

作れる箸の見本

海のかけらでクラフト

こちらもなかなか興味深い手作り体験でした。

海のかけらでクラフト

浜辺を歩いていると、キレイなガラスのカケラ(角の丸いもの)やキレイなサンゴのようなものを見つけます。

それを自分のアクセサリーにできたら、世界で一つだけの宝物ができそうです。

アクセサリーを作る子供

わくわくリサイクル祭りに参加してみて

わくわくリサイクル祭りは、多くの家族連れで賑わっていました。

やはり、体験コーナーや抽選会などを積極的に利用する方がより楽しめます。

特にお子様連れだと体験はかなり貴重な教育になるので、親子そろって体験することをお勧めします。

体験の中からいろいろなことに気づき、いろいろな思考へ発展しそうなイベントはそれほど多くないので、機会があれば参加してみてください。

また、講座は初めて開催している場面を見たのですが、指導する方々もとてもフレンドリーな感じで、笑顔あふれる講座でした。

こちらも毎月チェックして、興味があるものには積極的に参加してみるとよいでしょう。

【スポンサードサーチ】

浦添市リサイクルプラザ 詳細情報

※浦添市リサイクルプラザの毎月行われる各種講座は以下の公式ページで確認できます。
浦添市リサイクルプラザ 公式ページ

https://risaikuru.ti-da.net/

■住所 浦添市伊奈武瀬1-8-2
■電話 098-861-3196 (ハローイリサイクル)
■開館時間 月曜日・祝祭日を除いた午前9時~午後5時
■駐車場 バス3台・車30台・バイク10台