1. >>
  2. >>
  3. >>
  4. 4月3日の「シーサーの日」とシーサーについて
シーサーの日

4月3日の「シーサーの日」とシーサーについて

【スポンサードサーチ】

シーサーの日とは

沖縄では4月3日は「シーサーの日」とよばれています。
沖縄の魔よけの置物「シーサー」に数字の語呂を合わせ、那覇市壺屋の地区の人たちが定めたとのこと。

4月3日は壺屋の焼き物が2割ほど安く買えます

この日は壺屋の焼物が2割ほど安く販売されますので、お土産で買いたいなと考えている方は、この日に買いに行くとお得です。

【スポンサードサーチ】

シーサーとは

シーサーとは、沖縄で愛される伝説の生き物です。

シーサー
カッコいいシーサー

沖縄では門や屋根などに設置されることが多く、家や村などに来る悪霊を追い払う魔よけとして設置されます。

シーサーは作る人によって表情やポーズまで違うので、沖縄の人は「このシーサーカッコイイね~」とか「可愛いね~」とかシーサーを買う買わないは別として評価する傾向があります。まるでペットのように身近な存在なのです。

相撲をとっている?のシーサー

沖縄に観光に来る皆様も、ぜひ沖縄のシーサーと触れ合ってみてください。

可愛らしかったり、カッコよかったりと様々なシーサーと出会えることでしょう。見た目の印象だけでなく、魔よけとしても使えますので、自分だけのオリジナルシーサーをお土産にするのもありだと思います。