1. >>
  2. >>
  3. 沖縄を訪れる観光客のデータ(平成 30年度のデータ)
ホテルモントレ沖縄

沖縄を訪れる観光客のデータ(平成 30年度のデータ)

沖縄県の月別入域観光客数の推移(平成 28 年度~平成 30 年度)

平成 30 年度の観光客数は、999 万 9,000 人で過去最高

対前年度(H29)比 +41 万 9,100 人、+4.4% という結果でした。

データ引用元:(文化観光スポーツ部 観光政策課 平成 31 年 4 月発表)

沖縄県の観光客数は900 万人台を記録し、6年連続で過去最高を更新となった。増加した要因は次の通りと考えられています。

  • 行政や民間が一体となったプロモーション活動により、沖縄の認知度向上や旅行意欲の喚起を図ったこと
  • 離島直行便など国内航空路線の拡充による国内客の増加
  • 海外航空路線の拡充・クルーズ船寄港回数の増による外国客の増加

【スポンサードサーチ】

平成 31 年度の見通し

下地島空港旅客ターミナル施設の供用開始により、成田 -下地島(宮古)に引き続き、関西-下地島(宮古)の新規就航が予定されているほか、那覇空港国 内線・国際線ターミナルの連結に伴うLCC施設の移転によりさらなる利便性向上がなされること 等により、国内旅行市場は好調に推移すると予想。

また、外国客については、香港-下地島(宮古)の新規就航予定や、香港-那覇間においてLC Cによる運航再開予定があり、空路客の入込増加が期待されるほか、クルーズ船の寄港についても 増加する予定となっていること等から、好調に推移するものと考えられています。

沖縄県の国内観光客の動向

平成 30 年度の国内客は、対前年度比で 11 万 300 人、率にして 1.6%の増の 699 万 8,200 人となり、6年連続で過去最高を更新。

これまでの年度における過去最高の入込は、平成 29 年度の 688 万 7,900 人。

平成 30 年度国内観光客の状況(方面別の月別推移)

【スポンサードサーチ】

沖縄県の外国人観光客の動向

平成 30 年度の外国客は、対前年度比で 30 万 8,800 人、率にして 11.5%の増の 300 万 800 人とな り、11 年連続で過去最高を更新し、初の 300 万人台となった。

これまでの年度における外国客の過 去最高の入込は、平成 29 年度の 269 万 2,000 人。

平成 30 年度外国人観光客の状況(方面別の月別推移)

沖縄県の月別入域観光客数の推移(平成27年度~平成30年度)

別入域観光客数の推移

【スポンサードサーチ】

外国客 月別入域観光客数の推移(平成27年度~平成30年度)

外国客 月別入域観光客数の推移(平成27年度~平成30年度)

筆者感想

沖縄県の目標である。観光客 1,000 万人に到達することができるのか楽しみですね。

国際通りを見ていると、外国人観光客を多く見かけますが、31年4月の月報を見る感じでは、東京から来た観光客279,500人と同年同月の外国人全体の観光客数250,300人を比べてもわかる通り、たった一つの都道府県からの数と外国人観光客数がほぼ同じというところに、大きな伸び白を感じます。

31年4月の月報の外国人観光客の内訳は以下です。(一部のデータ抜粋)

台湾韓国中国本土香港アメリカカナダイギリス(本国)
84,80042,00046,90025,4003,6001,2001,100

外国人観光客のなかでは、圧倒的に台湾の方が多く、続いて中国本土、韓国と続きます。

台湾が多いのはクルーズ船経由が安いからということもあるとは思います。ただ、近いだけに沖縄に何を求めてきているのかは気になります。

データとしてみたいのは、外国人が何にお金を使っているのかです。いくら自然環境がよく海が綺麗だからといっても、台湾の人からすると、あまり環境的な大差ないと思うので。。

あと気になるのは香港からの観光客です。 (2017年) の香港の人口は739.2万人です。その香港からの月間観光客数25,400 人と中国本土からの観光客数 46,900 人を比較すると、人口比率から考えても香港の観光客が多いことがわかります。

この数字が何を意味しているのか、そして香港の方は何に興味を持って沖縄を訪れているのか、また何にお金を使っているのか気になるところです。

そこには台湾の方からの大きなニーズがあるはずなので、そこをもっと満足させて上げられる施策が必要なことと、人口の割にはもの凄く少ない中国本土の方のニーズを知ること。

そこが、施策を打つ側から見ての伸び白ではないかと感じます。

楽しむ と同一カテゴリの記事

コラム と同一カテゴリの記事