1. >>
  2. >>
  3. 沖縄ガラス(琉球 ガラス)の歴史と魅力
沖縄ガラス

沖縄ガラス(琉球 ガラス)の歴史と魅力

【スポンサードサーチ】

沖縄ガラス(琉球ガラス)のはじまり

沖縄でガラスの製造が始まったのは、明治の中ごろと考えられています。

長崎や大阪から来たガラス職人によって、今で言う奥武山公園(おうのやまこうえん)近辺と那覇市の西町で製造されていました。

当時の製品は生活に必要な物、たとえばランプや漬物ビン、駄菓子を入れるビンなどを作っていた。

これらの施設は第二次世界大戦で廃墟となってしまう。

それからしばらくして(1947年ごろ)に那覇市与儀で製造を再会します。

当時の原材料は使わなくなった空きビンを利用して作成し、米軍関係者が主なお客でした。

なので、デザインもアメリカ人が好むようなものになり、ワイングラスや花瓶などへ発展していきました。

琉球ガラス村

沖縄ガラス(琉球ガラス)の転機

そんな琉球ガラスにも転機が訪れます。

沖縄県が本土へ復帰した1972年。それまで米軍関係者がほとんどであったが、主客は沖縄を訪れる観光客へと変わっていきます。

その頃になると日本中に沖縄観光ブームの波が押し寄せ、琉球ガラスや伝統工芸品、陶磁器(やちむん)などを瞬く間に全国に広まりました。

【スポンサードサーチ】

琉球ガラスが伝統工芸品に認定される

終戦当時、空きビン(廃ビン)を利用して始まった沖縄ガラス。

現在は廃ビンを使ってのガラス作りは行っておらず、原材料を調合し、ガラス商品として提供する形をとっています。

琉球ガラスの特徴は一つひとつ手拭によって作られるため、一つとして同じものはありません。

琉球ガラス村 工房

同じ製品であっても、微妙に形が違っており、職人の温かみを感じることができる点も、琉球ガラスの魅力の一つでしょう。

琉球ガラスは平成10年、沖縄県の伝統工芸品に認定されます。

琉球ガラスの色の秘密

沖縄の鮮やかな自然を映し出したような琉球ガラス。

戦前から始まった琉球ガラスの色は、時代と共に変化しています。

その色の秘密は、原材料にあります。

戦前の琉球ガラスは、当時の一升ビンや醤油ビンなどを利用しており、また実用的なものを作っていたので、透明なものがほとんどでした。

戦後の琉球ガラスは、アメリカ統治時代に米軍施設から出た、色つきの空きビンを利用していたため、大きく分けて5種類の色に分かれていました。

色は、薄い青・茶色・緑色・黒色・透明など。

しかし現在では、原料が自由に手に入るようになったため、着色剤を混ぜて色とりどりの琉球ガラスが作られるようになりました。

琉球ガラスの魅力

琉球ガラスの魅力は、カラフルな色彩、主に原色を利用している点です。

その特徴的な色や形は、沖縄からというより、アメリカ人のテイストにあわせて作られています。

とはいっても沖縄の職人が作っただけあって、結果的に沖縄の気候や風土にマッチした形へと変化し、独特なガラス器として人気があるのです。

琉球ガラス村

楽しむ と同一カテゴリの記事

コラム と同一カテゴリの記事