1. >>
  2. >>
  3. >>
  4. 那覇市 大道松原跡について
那覇市大道

那覇市 大道松原跡について

大道松原は、琉球王国時代に現在の首里観音堂付近から大道地域にかけて続いていた見事な松並木の呼称とのこと。

現在では松並木は残っていないのですが、旅立ちの歌として知られる「上がり口説」に登場するほど綺麗な景色だったようです。

この松原は、1501年に国王である尚真が円覚寺の修理用木材として松の苗木を1万株植えたことに始まり。

松並木は下の図のように続いていたのですが、廃藩置県(1879年)の際、この綺麗な松並木は切り倒されます。

大道松原

また戦後の道路拡張整備により、宅地化が進み、大道地域は現在の姿へ大きく変わってしまいました。

大道