1. >>
  2. >>
  3. >>
  4. 名護のグルメといえば!宮里そば
宮里そば

名護のグルメといえば!宮里そば

沖縄では島の南のほうを南部、真ん中あたりを中部、北のあたりを北部と呼びます。

なので、今日は北部にドライブに行くか!などと表現するのですが、北部へドライブへ行ったり、美ら海水族館を見に行く場合、昼頃名護市あたりを通ることが多く、手軽に食べられてリーズナブルな「宮里そば」を利用することが多いです。

【スポンサードサーチ】

宮里そば

ここのそばの良いところは、昔ながらの味、そのままなところです。

宮里そば

そばの中央に見えているのは昆布です。昆布といえば (北海道)の海産物なのですが、沖縄の消費量はトップクラスです。

沖縄と昆布の関係は琉球王朝時代、中国との貿易が盛んな沖縄には、漢方薬などの原料を大量に持っていたそうです。 その貴重な漢方薬がどうしても富山の薬売りが薩摩を通じて、昆布を代価に琉球の漢方薬を手に入れていたことから、沖縄での昆布文化が始まったとのこと。

なので、今でも沖縄のクワッチー(ごちそう)には昆布がよく使われています。

沖縄でのごちそうの食材である、三枚肉と昆布をそばに乗せているあたりが、宮里そばが昔から愛されている理由ともいえます。

何といっても、この三枚肉の味がいいです。この味付けは、まさにオバァーちゃんが作ってくれた昔ながらの三枚肉の味と同じで、とても懐かしく思いました。

また、昆布もそばとよくあっており、鰹昆布ベースのおつゆにだしも出て、まさに一石二鳥です。

麺は平麺で、おつゆの味がよく絡むため、味がしっかりと伝わってきました。

宮里そばへのアクセス

住所:  沖縄県名護市宮里1丁目27-2

営業時間:  10時~20時(売り切れまで)

定休日:  水曜

駐車場: あり