ボローニャ泊店

ボローニャ泊店の黒糖デニッシュパン美味しかったです!

2020年8月にオープンしたてのボローニャ泊店に行ってきました。店に着いたら行列ができていたので、車を店舗後ろの駐車場に移動し列へ並ぶことに。

テイクアウトの店だったのもあり、待ち時間は短かったです。

ボローニャの店内はシンプルでおしゃれ

ボローニャレジ

今回、私が買いたかったのは、黒糖デニッシュパンですが、それ以外にもいろいろ売っています。

ボローニャの食パン

値段はオープン当時の値段なので、変動があるかもしれませんのであしからず。

ボローニャの店内

どさっと置いてないあたりが、一品一品の高級感があっていいですよね。なんかいいもの買いに来たって実感があります。

ボローニャの黒糖デニッシュパンを早速試食!

のっけからちょっと反れますが、箱も高級感があって贈答品などにもいけそうです。

問題のパンの感想は・・・

食パン全体からほのかに伝わってくる黒糖の風味が、ふわふわの食パンとマッチしていてとてもいい感じです。この黒糖の風味は食べている間ずっと口の中に広がるので、とてもいい気分になれます。

あと食パンの耳も美味しい!

食パンの耳が嫌いな人もいるようですが、おそらくそんな人でもこの黒糖デニッシュパンの耳は食べれるかもしれません。耳独特の少しこんがりした食感と黒糖の風味が合わさった感じが、これまた高級な感じでよかったです。

食べている内に、トーストしたらいいのでは?と思って、トーストしてみたところ、黒糖の風味プラス、トーストされたパンの香りと食感が、これはこれで楽しめました。

今回、ジャムやバターなのどは付けなかったのですが、そのままで十分美味しかったです。

ボローニャのパンの特徴

写真に書いてますが、読み上げする方のために文字にしておきます。

81層の記事に編み上げる独自の製法。

みつあみ状にパン生地を成形する製法は、宇迦氏からデニッシュパンの基本。「ブライダル・ボローニャ」のデニッシュ食パンは、さらにその製法にこだわり、死蔵素材のパン生地とマーガリンを81層にも折り込ませました。

職人がパンの隅々までうま味を閉じ込め焼き上げた美味しさは、まさに「奇跡の美味しさ」と呼ぶにふさわしい仕上がりです。

ブライダル・ボローニャのデニッシュ食パンを、ぜひご賞味してください。

ボローニャのパンの食べ方(お店のおすすめ)

〇トーストでいただく

トーストやオーブンレンジで軽くトーストするとデニッシュの中に含まれるマーガリンが程よく溶け、香ばしさとともに美味しく召し上げれます。お好みに合わせ、バターやジャムを付けても召し上がれます。

〇フレンチトーストでいただく

デニッシュを食べやすい大きさに切りそろえ、卵と牛乳を混ぜた物にひたします。熱したフライパンにバターをひき、デニッシュが狐色になるまで焼き上げます。はちみつやメイプルシロップをかけてお召し上がりください。

〇デザートでいただく

しっかりとトーストしたデニッシュを台座にし、アイスクリームを乗せます。フルーツやジャムなどをお好みでトッピングすれば素敵なデザートの完成です。

ボローニャ泊店の場所

ボローニャ泊店へのアクセス

住所:沖縄県那覇市泊1-26-12

崇元寺の通りの後ろ、糸数病院へ行くような感じ。

※店舗後ろに駐車場有りました。(2020年8月時点の情報)