1. >>
  2. >>
  3. >>
  4. 沖縄でアイスといえばブルーシール(BLUE SEAL)もオススメです
BLUE SEAL

沖縄でアイスといえばブルーシール(BLUE SEAL)もオススメです

今回は沖縄を代表するアイスクリーム!ブルーシール
牧港本店を紹介したいと思います。

私は小さな頃からブルーシールのアイスクリームが大好物で、おやつといえばブルーシールのアイス。

なので今でも他のアイス専門店に行った際、ブルーシールを基準に比べてしまうほど。。

小さな頃の印象が忘れられないほどブルーシールのアイスやミルクはおすすめなので、沖縄に来たら、ぜったい一度は味わってほしいです。

特にブルーシール 牧港本店 はお子様づれでも楽しめるような店舗になっているので観光で行くなら本店がおすすめです。

【スポンサードサーチ】

ブルーシール 牧港本店の店内の様子とメニュー

ブルーシール 牧港本店の店内
BLUE SEALのメニュー

もともとブルーシールのミルクブランドは米軍基地から来たもので、1963年(昭和38年)に基地を飛び出して現在の浦添市巻き牧港へと出店したとのこと。

のちに沖縄初のアイスクリーム専門店として今に至っています。

発祥がアメリカというのもあって、今も店内はアメリカンな感じで、お客さんも日本人から外国人までさまざまです。

ブルーシール 牧港本店の店内

店内にはグッズ的なものも販売されています。

私がブルーシール 牧港本店をオススメする理由は下の写真にある体験コーナーがあるからです。

ブルーシール 牧港本店の店内 手作り体験(予約制)

予約制となっているので、必ず入れるとは限りませんが、子供が喜ぶようなコーナーがあるというだけでも行く価値があると思います。

ブルーシール 牧港本店の店内 体験コーナー側

また、インテリアの色づかいも子供が喜びそうな感になっています。

-20℃の世界 予約制

こちらが -20℃の世界を体験できるコーナーです。

体験コーナーの受付の様子

沖縄ブルーシールの歴史

ブルーシールの歴史

沖縄でアイスクリームが一般的に食べられるようになったのは1970年ごろと言われています。

当時はアイスクリームは自宅ではなくお店で食べるものというイメージだったそうです。また今でもアメリカから来たブルーシールなので、お店のお客さんは日本人だけではなく、アメリカ人が多いのも特徴です。

【スポンサードサーチ】

沖縄ブルーシール 感想まとめ

沖縄の観光客増加とともに、アメリカ生まれ沖縄育ちのブルーシール牧港本店は定番スポットになりました。

創業当時から継承されるアメリカンな味わいのミルク。またそのテーストを基準としてゴーヤーや紅芋など沖縄県産食材を使ったアイスクリームまで楽しめます。

沖縄のちゃんぷるー文化の象徴ともいえるブルーシールを、ぜひ地元で味わってみてはいかがでしょうか。


ブルーシール 牧港本店 へのアクセス

電話番号:098-877-8258

住所:沖縄県浦添市牧港5-5-6

営業時間:日〜木 9:00~24:00  金・土 9:00〜25:00
各種クレジットカード、電子マネーも利用できます。