恩納村の穴場!アポガマへ行ってみての感想

今回は恩納村の秘境!穴場スポットで有名なアポガマについての感想です。

アポガマの場所は通信研究所?みたいなところの横の通路、畑道の広くなっているところに車を止めて行くことになります。

平日・休日と行ってみたのですが、やっぱり休日になると畑の脇道にズラッと車が並ぶほどの人気でした。外人さんとかも多く、何よりも神秘的な場所というのが人気の秘密かもしれません。

アポガマの入り口は分かりにくいのですが、ご丁寧に看板があります。

アポガマの入り口の標示

そうなんです。アポガマは満潮と干潮で見れるものと危険度が大きく違います。

今回は満潮時と干潮時の写真と見どころを紹介していますので、興味がある方は読み進めてみてください。

アポガマへの道のり

晴れててもぬかるんでいる

アポガマへ続く道は写真のように晴れていてもぬかるんでいることがあります。

アポガマのぬかるみ

アポガマを見学に行く際の注意として、このぬかるみと傾斜は滑るので(私はいくたんびにちょっと滑ります)履物は注意した方がいいです。特に女性はヒールとかだと見学も無理じゃないかと思います。

アポガマの満潮時

アポガマの満潮時の様子。アポガマの見どころは何といってもこの岩なんですが、満潮時はシュノーケルやライフジャケットなどがないと岩を見て帰る感じになります。

とはいえ、この岩が何だか神秘的なので、岩見るだけでも変わった満足感があります。

また自生している植物たちも奇麗なので、岩・砂・海の色・植物など不思議な空間で満喫できます。

アポガマの自然
アポガマの自然

アポガマ干潮時

運よく干潮時のアポガマへ来れた方!

あなたはついてます。

干潮時のアポガマの岩

満潮時はアーチ形の真ん中にある岩は水につかっているのですが、干潮だとその岩のところまでいけます。

しかも・・・

この岩の周辺には奇麗な魚たちが取りこのされているのです。

アポガマの岩の近く
アポガマの岩の近く

上の写真でも青いコバルトスズメ的な魚が映っているのが見えます。

アポガマ
アポガマ

干潮のアポガマにありつけた方への特典は、このたくさんいる小さな熱帯魚を見れることです。

アポガマ調子に乗ると危険
流れが速い場所

でも、神秘的で、熱帯魚までみれるからといって調子に乗るのは危険です。

ここは地元で素潜りする人でも注意するくらい、流れのはやいポイント

岩場の向こうの流れは穏やかに見えますが、実際はかなり早いので、干潮だとアッという間に沖に流されていくかもしれませんので、そこは自己責任で。

今回はアポガマを陸から楽しむお話で閉じたいと思いますが、できれば泳ぎが苦手でもライフジャケットとシュノーケルで楽しめるアポガマポイントも紹介できればと思います。

ではまた。