1. >>
  2. >>
  3. ケンプファーのイラスト

ケンプファーのイラスト

【スポンサードサーチ】

ある人のすすめで、イラストに力を入れるようになりました。

何枚か大好きなメカ系のイラストを描いていると、どうせならマンガにしてしまった方がいいんじゃない?という気持ちになり、せっかく素晴らしいメカニックデザインを描くのであれば、デザインされた機体が活躍するシーンを描きたいと思い、サンライズさんバンダイナムコさんの作品の大ファンの一人として、マンガを描くことにしました。

今回はそのワンシーンに登場する機体を、マンガ用にスクリーントーンとベタのみで仕上げてみました。

今回のイラスト作成に費やした作業時間

たったワンシーンの一コマの隅にある機体を描くだけで、なんと2日もかかっています。

実はこの一コマにはあと3機体描かなければならないのに、こんなに時間がかかってしまって、大ファンじゃなければとっくに心折れているなと実感できました。

ちなみにガンダム関連のマンガは結構たくさんあって、いろいろな先生方が描いているのですが、その大先生方の苦労の一部を体験できたことが、今回の収穫といえます。

何時もなにげなくパラパラっと読んでいるワンシーンワンシーンを描くのが、これほどまでに大変だと思うと、メカ系の漫画家さんというのは線も多く、立体の表現にも技術がいるし、本当に大変だなぁ~と、改めて尊敬しました。

【スポンサードサーチ】

ガンダムファンが創る「ガンダム漫画」について

今回、私が考えているマンガには、もちろん私が大好きな機体ばかり出てくるのですが、ガンダムという作品は内容や設定がいろいろあって、シナリオをつくる際に年表的なものを確認したり、戦況的なものを理解した上で描いて行く必要があります。

そこは趣味といえども、なるべくは一年戦争のシナリオの中で、私の大好きな機体たちを活躍させたいので、資料やDVD、ウィキペディアなどを熟読した上でシナリオを考えております。

まぁ~無理やりこじつけて登場させている部分もありますが、そこはファンの趣味マンガなのでいいかなと・・・。

さて、長々と説明しましたが、まだ2ページ目の1コマ目でこのありさまです。

完成できるかどうかも微妙なのですが、どうやら絵を描くことは私にとっていろんなご利益があるようなので、信じて続けてみようと思います。

お知らせ

今後も、ガンダムのファン漫画を作成するにあたり、描いたイラストや漫画のページなどを

掲載していく予定です。

作業経過は見たくないけど、漫画は読んでみたい!とか、純粋に ガンダム系のイラストを

楽しみたい方は、ぜひ以下のボタンをクリックして読者になっていただけると幸いです。

読者になるボタンはコチラ