1. >>
  2. >>
  3. >>
  4. 【不動産トラブル事例】ウェブサイトで賃貸住宅の媒介に係わるおとり広告や虚偽表示を掲載したとして行政庁から処分を受けた事例
不動産広告の虚偽表示

【不動産トラブル事例】ウェブサイトで賃貸住宅の媒介に係わるおとり広告や虚偽表示を掲載したとして行政庁から処分を受けた事例

媒介業者がウェブサイトで、媒介に係わる賃貸住宅の広告表示について多数のおとり広告や虚偽内容を掲載したとして、行政庁から行政処分を受けた事例

【スポンサードサーチ】

紛争内容

①宅建業者Yは、媒介依頼を受けた賃貸住宅の広告をする際、自らが運営しているインターネット上のウェブサイトにおいて、当該物件が実際よりあたかも建築年数が新しいかのような表示を行った。

また当該物件が実際には既に賃借されており、取引対象となり得ないにもかかわらず、あたかも賃借できるかのような表示を行った。

②Yは、前期①の手法の不動産広告を多数の物件について行っていたが、一般消費者から広告表示に偽りがあるのではないかという指摘が行政庁に寄せられた。

③以上のことから、行政庁は、Yが運営しているインターネット上のウェブサイトにおける賃貸住宅の広告表示について調査を実施した。

紛争関係図

<賃貸住宅:多数に広告>
不動産広告の虚偽表示の事例図

【スポンサードサーチ】

本事例の問題点

住宅物件の賃貸借を媒介するにあたり、その広告表示方法として、自らが運営しているウェブサイトにおいて、多数のおとり広告を全社的に掲載していた。

本事例の結末

調査の結果、行政庁は宅建業者Yのウェブサイトにおける賃貸住宅の広告表示について、一般消費者にあたかも優良と誤認させる表示であること、また実際に賃借できない物件をあたかも賃借できるように表示したおとり広告であることを確認し、悪質であるとしてYに対して行政処分を行った。

【スポンサードサーチ】

本事例に学ぶこと

宅建業者が不動産広告を実施する場合には、憲法代32条の誇大広告等の禁止規定、「不動産に関する公正競争規約」(以下、公正規約という)などの広告表示に係わる規定を損朱する必要がある。

不動産広告における媒介については、紙媒体、電磁的媒体(インターネットのウェブページ等)のいかがを問わず、業法や公正競争規約、さらに不当景品類および不当表示防止法(以下、景品表示法という)などの規制をうけることに注意する必要がある。

補足資料

不動産における 公正規約 とは

http://www.rftc.jp/kiyak/hyouji_sekou.html

不動産における 景品表示法 とは

http://www.rftc.jp/kiyak/keihin_kiyak.html

 

不動産まめ知識 と同一カテゴリの記事

不動産 と同一カテゴリの記事