1. >>
  2. >>
  3. 私が臨死体験中に見たものと動く千手観音菩薩様の絵

私が臨死体験中に見たものと動く千手観音菩薩様の絵

タイトルからして何とも胡散臭いですが、事実なので書きます。スピリチュアル的な話題なので、 私は神も仏も霊も信じませんという方はここでページを切り替えてください。

記憶がはっきりしている内に臨死体験データベース、臨死研究機関などに情報を提供したいので、以下はその記録用に記載したものです。

ということで、これより先は神や仏に興味のある方前提でお話を進めます。

臨死体験のお話の前に

千手観音菩薩様と私。一見何の関係もない感じなのですが、たまたま私の家には、ご先祖様が残した千手観音菩薩の絵があります。

子供の頃から不思議なことの多いこの千手観音様の絵、まさか何十年も経って臨死体験中に現われるとは、夢にも思っていなかったのですが、実はこの時から私に何かを伝えたかったのかもしれません。

不思議な千手観音様の絵

私が小学2~3年生の頃、応接間にずっと飾られている絵の「千手観音菩薩様」のお顔が、瞬きをしたり、何かお経を唱えているようにパクパク動いていることに気づきました。

目と口が動いて見える千手観音様の絵

※写真でも動くのかなと心配していましたが、私が見る限り、写真でも動いて見えてますので、もしかしたら他の方にも見えるかもしれません。

あと、写真でも動いてらっしゃるということは、ご利益は見た皆様にもあるはずです。(恐らく・・・。)

話は戻りまして・・

沖縄では、神様の存在はとても身近なので、当時の私は驚くというより、何を言っているのかの方が気になっていました。

それから何度も子供心に気になって確認しますが、待てど暮らせど何も聞こえてきませんし、見るたびに動いていました。

そこで、イトコのユタのおばあちゃん【霊能力者のおばあちゃん】が家に拝みに来た時に思い切って質問してみました。

おばあちゃん。「この神様、目も口も動いているよ」「まばたきもするし、口をパクパクして、ずっと何か言っているみたいだけど、何にも聞こえないよ~」

ユタのおばあちゃんは、私のその話を聞くと、あわてて千手観音菩薩様の絵に手を合わせ、突然大泣きしながらこう言いました。

※子供の頃なのでニュアンスでしか覚えていません。

「いつか聞こえるからね」「その時まで待ってたらいいよ」

「もしかしたら修行もしないといけないかもだけど、その時はオバーが教えてあげるから心配しないでいいよ~」

親もこのことをおばぁちゃんから説明を受けていましたが、私は席をはずすよう言われたので、何を説明していたのかは分かりません。

結局、あれから何も聞こえないまま何十年という歳月が流れ、おばあちゃんとも、両親とも死別し、数年が経った2014年11月のこと。

心肺停止の後に見たもの

2014年11月、私は突然、外出先で心筋梗塞になり、病院到着後数分で心肺停止となりました。

心肺が停止したと思われる瞬間、私は暖かな光の中に吸い込まれて、一気に瞬間移動した感じがしました。

気がつくと、あれだけ痛かった心臓も何とも無く、信じられないほどの幸福感に包まれて、暗い宇宙のような場所に浮いていました。

何故そこが宇宙と感じたかというと、私の左上のほうにお月様のような光があったからです。私は少しずつですが、そのお月様のような光に向かって引き寄せられており、近づくに連れて今まで体験したことの無い幸福感に包まれていきます。

足りないものも、心配事も何も無い状態。

私はその時、早くあのお月様に行きたい。そう思いました。

するとお月様の光の中に、今まで見たことも無い美形の人がいて、私に微笑みかけているのが見えました。

※この時点では千手観音様とは気づいていませんので人と表現しています。

また、その月の美形の人を中心に、逆三角形にならんだように、たくさんの人が並んでいるのも見え、その方たちも男なのか女なのかわからないけど、この世のものとは思えないほどの美形ぞろいでした。また、その方たちがいる場所はハウルの動く城に出てきた、花畑のような感じの色とりどりな世界でした。

ずっと後になって気づくのですが、その光景は 来迎図 、または2013年11月23日公開の高畑 勲監督『かぐや姫の物語』 のラストシーンのようだったなと、作品を見て思いました。

公開日的に、私は かぐや姫の物語』 を見ていたから、それを思い出しただけでは?と感じる方もおられると思いますが、実際のところ私は臨死体験の後、だいぶたってから かぐや姫の物語』 をレンタルDVDで見てるので、それは無いです。

話を戻して・・

不思議なことに、その月の人達は何もしゃべらず、ただ微笑んでこちらを見ているだけでしたが、私は直感的に、この方は家に飾ってある千手観音菩薩様だと感じ取りました。

おそらく、人のように会話するのではなく、別の方法で伝えてきたのでしょう。

ただ、家にある絵と私が見た方は、あまりにも容姿が違っていたのですが、不思議なことに、何も疑うことなく、そうなんだ~と思いました。

なぜこの世に生還したのか?

信じられない幸福感と、見たことも無い美しい空間、ものすごい美形の人たちの世界へ導かれ、胸を躍らせていたそんな時、ふとある疑問が浮かびます。

「私だけこんなに幸せになっていいのかな?」と。

そんな疑問を感じたその瞬間。何やら右下に気配を感じ、ふと見下ろすと、地球のようだけど、真っ黒な渦に包まれてうごめいている星が見えました。また、その星に大切な人が悲しんでいる姿も映し出されます。

これを見たとき、信じられない幸福感から、何ともいえない切ない気持ち(大切な人を傷つけた気持ち)に切り替わり、「自分だけ助かってはいけない・・・」「大切な人を、悲しませてはいけない」と考えた次の瞬間!

私はものすごい勢いで、黒い渦に飲み込まれます。

気がつくとパッと病室の明かりが見え、無音だった世界は一変し、急に色々な音が聞こえだします。

黒い渦に飲み込まれた後、私はベッドの上(この世)に戻っていて、これから緊急施術を受けようとしているところでした。

その後、緊急手術を受けるのですが、生死の狭間で千手観音菩薩様に会っていたので、手術中ずっと「オンバサラ・タラマキリク・ソワカ」と復唱していました。また指も千手観音印を手は合わせられなかったのですが、やっていました。

※これもまた不思議な出会いで、私が倒れる1ヶ月前くらいに偶然知り合った霊感の強い方に教わったものでした。ただ、こうなることは何も聞かされていません。

手術も 無事終わり、麻酔が切れ始めると、私は家族や医療関係者に対して「千手観音菩薩に会ったよ!」「みたこともないほど綺麗な人だった!」と何度も連呼していたのを覚えています。今思えば「 千手観音菩薩に会った 」とか「見たこともない綺麗な人だった」と連呼している私を見て、医療関係者は心肺停止した影響で脳を損傷したのかと思ったことでしょう。

あれから数年。

いつか聞こえると言われた千手観音菩薩様のお声も未だに聞こえません。

ただ一つ言えることは、このご利益は私だけのものではないということ。

なので、将来的には皆さんにも千手観音菩薩様を身近に感じていただき、ご利益を受けていただきたいと考えていたので、今回画像となりますがアップさせていただきました。

いつか、私が見た千手観音菩薩様を元に像を創り、私有地にでもお祀りしたいと考えております。

そして、その際、象の中に私の家に昔からある千手観音菩薩様の絵をお祀りし、私と同じご利益を多くの皆様に受けていただきたいと考えております。

とはいえ、私は無知で非力なものなので、生きている内に宣言どおり皆様の元へ恩恵を届けられるか分からないので、今回はこのお話と画像を先にお届けいたしました。

一番は千手観音菩薩様に直接お願いしたほうがいいと思いいますので、沖縄県にお住まいの方は、私の家にある千手観音菩薩様の絵の出所と思われる 首里観音堂 へご参拝していただければと思います。

首里観音堂

こちらの真ん中におられる千手観音菩薩様も確認しましたが、目と口が私の家の菩薩様と同じように動いておられるので、おそらくご利益は同じだと思います。

下はアップで撮った千手観音菩薩様。ちなみにこの画像でも私には動いて見えますので、他の方も見えるかもしれません。

首里観音堂 の目と口が動く千手観音菩薩様

首里観音堂 の住所

沖縄県那覇市首里山川町3丁目1

追伸  千手観音菩薩様の像を創りたくて

いつか私の見た千手観音菩薩様の像を創りたくて、イメージを忘れないためにイラストにしました。

モデルになる人でかなり悩んだ結果、一番似ていると思ったのがビビアンスーさんだったので、記憶が消えないうちにスケッチしました。

微笑んでいたのは覚えていますが、おそらく歯は見せてなかった気がします。

でも私の家にある千手観音菩薩様は口をパクパクさせるので、口をあけている様子でもOKかなと思いました。

千手観様と似ていた ビビアン・スー さんのイラスト

ちなみに・・・

髪型はインドのシヴァ インド神のような髪型というか、被り物のような感じでした、また着物は、羽衣のような感じでどちらかというと我が家の千手観音菩薩様のような感じでした。

なので将来的には千手観音菩薩像と、我が家の千手観音菩薩様の絵合成して創りたいなと考えております。