1. >>
  2. >>
  3. 3月4日「さんしんの日」の始まり
沖縄の三線

3月4日「さんしんの日」の始まり

【スポンサードサーチ】

3月4日は「さんしんの日」 は覚えやすい語呂合わせから

3月4日は「さんしんの日」って初めて聞いた方も多いと思います。このさんしんの日は、1993年(平成5年)に琉球放送のラジオから始まったもので、「ゆかる日 まさる日 さんしんの日」という縁起のいいキャッフレーズからきたもので、3月4日としたのは、「さんしん」の語呂合わせから。

この沖縄では有名なキャッチフレーズを語っていたのは上原直彦さん 。

「沖縄の想いを一つに」そこから始まる新たな発想

8月15日終戦記念日の正午に、甲子園球場で高校生を始め球場全体が、黙祷をささげる姿を見て、ふと一つの思いがよぎったそうです。

沖縄でも終戦記念日はもちろん6月23日の慰霊の日( 沖縄戦の組織的戦闘が終結した日 )の正午などは、宗教の枠を超え、全ての人々が平和に祈りをささげます。

上原氏は「沖縄中を一つにして同じ想いが共有できるのではないか?」という発想のもと、ラジオで正午から毎正時時報ごとに沖縄の古典音楽の代表曲「かぎやで風(かじゃでぃふう)」を流してみようというアイディアを思いつきます。

【スポンサードサーチ】

「沖縄の想いを一つに」するため時報と民謡をミックスさせる

「沖縄の想いを一つに」する発想を実現するべく、上原氏は自身が担当するRBC iラジオ「民謡で今日拝なびら」の中で、その長年の構想を実現 する。

その構想とは、時報音の正時を示す音の後、「かぎやで風」 の演奏が始まるという独特の番組オープニングでした。

面白いことに、時報の最後のピーンという音は、さんしんの調弦C調と同じで、「かぎやで風」の最初の音と同じ。なので、ラジオ時報が正時を告げるのと同時に、「かぎやで風」の演奏(唱)が始まるパターンはとても自然で、沖縄でラジオを聴いている人なら一度は耳にしたことがあり、耳に残っているほどです。

「全ての人が心を一つにできないか」その上原氏の狙い通り、私の中で、時報とかぎやで風はセットになりました。