1. >>
  2. >>
  3. 10月17日の「沖縄そばの日」は公正取引委員会から「本場沖縄そば」の商標登録が正式に承認された日

10月17日の「沖縄そばの日」は公正取引委員会から「本場沖縄そば」の商標登録が正式に承認された日

沖縄でそばといえば「沖縄そば」が思い浮かぶのは沖縄県民 ならではの発想だったんですね。私は「沖縄そば」が蕎麦に分類されていないこと、製法的に中華めんにあたることを最近まで知りませんでした。

私が「沖縄そばの日」を知るきっかけとなったエピソードは、 沖縄生麺協同組合では1997年(平成9)に、10月17日を「沖縄そばの日」としたエピソードを知ってからです。

そもそもなぜ沖縄そばが蕎麦として表示できないのか?

公正取引委員会は公正競争取引規約により、蕎麦粉を30パーセント以上混合していない沖縄そばを「そば」と表示することはできないと、沖縄が日本復帰後、1976年(昭和51)に公表しました。

沖縄そばのはじまり

沖縄そばは 1916年(大正5)に、那覇の前之毛(上之蔵町)で唐人( 「からひと」中国、または朝鮮の人。 )の経営する店で出していたものが始まりのようで、当時は単に「すば」あるいは「支那すば」と呼んでいたようです。

当時も那覇警察署長から「琉球そば」に変更するよう指導を受けたらしいのですが定着せず、戦後、「沖縄そば」と一般的に呼ばれるようになりました。

「そば」の呼称の存続 を求めて

1976年(昭和51)に公正取引委員会は公正競争取引規約により、沖縄そばを「そば」と表示することはできないとされてからも、 沖縄生麺協同組合を中心として、地域に親しまれている沖縄「そば」の呼称存続を求め続けます。

「沖縄そばの日」誕生

沖縄生麺協同組合の粘り強い運動のおかげで、 1978年(昭和53)10月17日、「生めん類の表示に関する公正競争規約及び公正競争規約施行規則」別表での名産、特産、本場、名物等の表示で、公正取引委員会から「本場沖縄そば」の商標登録が正式に承認されます。

この「沖縄そばの日」というのは、よくある語呂合わせでも何でもなく、 公正取引委員会から「本場沖縄そば」の商標登録が正式に承認された日なのです。

なので、私のように「何で 10月17日沖縄そばの日なの?」と考える人は多いと思います。