美らSUNビーチの夕焼け

沖縄で1番住みここちのいい街は「〇〇町」!

沖縄県内の住みここち

大東建託(東京)は21日、九州・沖縄8県の「いい部屋ネット街の住みここち&住みたい街ランキング2020」を発表した。沖縄県内では住みここちでは、北谷町が2年連続の1位。

2位は中城村(前年ランク外)、3位は南風原町(2位)、4位は豊見城市(3位)、5位は南城市(7位)、6位は西原町(4位)、7位は浦添市(5位)、8位は那覇市(8位)となった。

沖縄で住みたい街

住みたい街で昨年3位だった那覇市が1位になった。

2位は浦添市(前年1位)、3位は北谷町(5位)、4位は沖縄市(14位)、5位は宜野湾市(2位)となっている。

引用:沖縄タイムス2020年10月21日記事

筆者主観

この調査で、北谷町が住みここち1位の理由として上がっているのは「役所の対応」「公園や緑」「観光施設と住宅の区分がはっきりしているか」だった。

ちなみに2位の中城村は「静かできれいな環境」「子供が多く将来性がある」などが理由だったようです。

この調査で分かるのは、沖縄県に住んでいる私でも理由が納得できる点である。

ただ、役所の対応がいいから住み心地がいいというのは、ちょっとわからないのですが、その点も住み心地として評価される点は見習うべきかもしれません。

私は那覇在住なのですが、市役所はいつも混んでいるくらいで、対応は悪くないです。ただ公園や緑はあるものの、子供をのんびり遊ばせる気になれないほどの小さな公園が多く、元気に駆け回れるような公園は少ない印象。

また観光地と住宅の住み分けはされてないに等しく、コロナ前などだとモノレールはたくさん荷物を持った中国系の人々でごった返しており、朝・夕の通勤・通学もしずらい印象でした。

なので仕事なら那覇というだけで、住み心地で言うなら北谷町となりそうですが、北谷は嘉手納基地と隣接しているので、軍人や騒音に抵抗がある方には向いてないです。

東京などと比較すると、向こうにいる外人さんは観光客がほとんどかも知れませんが、沖縄の北谷や沖縄市にいる外人さんといえば、ほぼ軍人という違いがあります。

軍人さんを否定するわけではないですが、職業柄、普通の外国人と見た目はだいぶ違いますので、それが気にならない方推奨です。

ということで、もし県外の移住希望者が、この記事を読むとしたら、この辺りも考えてから決定した方がいいです。

県外からだと基地被害は沖縄県の人が騒ぎすぎだという印象でしょうが、それが我が身に降りかかるとなると耐えがたいでしょう・・・。

数々の米軍がらみの事故・事件だけでなく、ひっきりなしの騒音。

爆音のジェット機が飛び交う中で会話すると、ほぼ聞こえないですし、静かに休んでいる時に爆音が響くと休日であっても休んだ気になれないと思うので、その辺りも考慮してみるのもいいでしょう。