沖縄の軽石漂着の状況(2021年11月7日午前)

昨日、沖縄の恩納村、名護市あたりまでの海岸の様子を見に行ってきました。

確かに漁港のような潮の流れの少ない場所には、軽石がたくさん浮いてましたが、潮の流れがある場所だと場所によっては軽石がけっこう積もっている場所もありましたが、あまり影響のない浜辺も思ったより多かったというのが私の印象でした。

百聞一見に如かずですし、潮の影響もあると思いますので、詳しくは動画を見て判断してください。

下の動画は万座毛の近くで、軽石が多かった場所の動画です。

ここも先程の万座毛の場所で、北側の浜辺を移した動画です。

動画を見ると分かるのですが、軽石が流れ着いている海岸は確かに景観を損ねていますが、沖の方ではマリンレジャーを楽しんでいる人もいます。

下の動画は、上と同じ恩納村の希望が丘というペンションなどが多い地域の浜辺です。

この浜辺を見て、アレ?軽石が無い!と目を疑いました。たまたま潮が良かったのかも知れませんが、このようにずっと軽石が溜まっている訳ではないようです。

この動画を見ると、沖縄のエメラルドグリーンの海や、白い浜辺が全部軽石で灰色になっている訳ではないことがわかると思います。

下の動画は、先程の恩納村より北にある、名護の道の駅、北側向けのパーキングから撮った動画です。

軽石は確かに帯のように写っていますが、岸に近づくことなく、西海岸を南側へ流れているのが確認できます。

また沖縄のエメラルドグリーンもいつも通り見れましたし、釣りを楽しんでいる子どもたちの様子も写っています。

このように、軽石は海流に乗って流されていて、潮や風向きによっては、綺麗な浜もたくさんあったというのが私の印象でした。また東海岸も帰りに通ってみたのですが、東海岸で軽石をみかけることがほぼありませんでした。

以上、たまたまなのか2021年11月7日、昨日は軽石をそこまで写すことはできませんでした。