沖縄 不動産の画像

沖縄県内地価4・7%上昇!3年連続で全国1位となる

沖縄県は29日、今年7月1日時点の県内基準地地価調査結果を発表した。

変動率は前年比プラス4・7%で、2014年から7年連続の上昇となり、上昇率は3年連続で全国1位となった。

用途別でみると住宅地は同4・0%、商業地は同6・2%、工業地は同11・6%上昇し、いずれも全国1位の上昇率であった。

一方で新型コロナウイルス感染症の影響による観光需要の減少などを受けて、上昇率は19年調査と比べ縮小している。

上昇率が高かったのは住宅地は宮古島市城辺保良のプラス37・3%、商業地では同市平良西里根間で同38・9%、工業地は豊見城市豊崎で同28・9%と、いずれも全国1の上昇率だった。

2020年9月29日 琉球新報の記事より引用

筆者主観

新型コロナウイルスの影響が統計結果に出るには、あと半年くらいかかると思います。現在の統計は観光需要の高かった去年やおととしから計画された工事を続行していることで上がっていると予測でき、実体経済が反映された数値ではないことは間違いないでしょう。

また地価の上昇している地域は限定的であり、県全体が上がっているというより、一部上昇している地域や用途地域の上昇率のみ突出して上がっているというのが実態。

したがって県外の企業の買い占めが、地価全体の数値を引き上げているだけなので、住宅地全体が上がっているという判断はしないほうがいいだろう。

また新型コロナの影響が出てくると予想される来年の数値からは、減少傾向になることは目に見えているため、急いでいないのであれば、今年土地を購入するのはやめて、来年以降十分に下がってから取得するのが吉だと思います。